• 導かれし者として名を連ねる時

    今後とも私たちの生活上では欠かすことの出来ないITのニーズが高い以上は、そのIT社会を支えていくのに必要な人数が不可欠となっていきます。故に、ITを担う方の人数が確保されていくことによって、今後の情報化社会の歩みだしにおいて、準備が整ったと言えるのです。 そして、IT産業で関わる人数が多いほど、手と手を取り合う頻度が高くなっていき、それは一つの社会を良い方向へ変えていこうというぶれることのない想いへと集約されていくのです。それは、私たちが小学生の頃の、運動会や遠足などで、みんなと一緒にいてはしゃいだり、団結して大きな目標に向かってチャレンジしていこうとする精神から生まれてきたことではないかと思うのです。端的に言って、みんなとの協調意識の重なり合いによって、日本の社会に景気回復を始めとした何らかの形でプラスの作用をもたらしていくことになるのです。 IT業界が盛んになるにつれて、求人の呼び込みが多くなり、その求人の募集に導かれてIT社会に足を踏み入れていく人が、今後とも増えていくことでしょう。その求人の募集で選び抜かれた人たちによって、IT社会に新しい風を吹き込んでいき、その風に乗って、情報化社会の只中に生きる私たちを希望の彼方に導いていくのです。これは業界経験者だけでなく、未経験者にとってもチャンスと言えることなのです。 こうしたことから、何か目標を達成していく上で必要となる人数によって、各々の役割分担をしていき、互いが自分に課せられた歯車となって、使命を全うしていくのです。 ある程度経験を積んだプログラマともなれば、重要な歯車となり業界を引っ張っていくのでしょうね。今までの経験をもとに、自分が輝ける案件を探し出し、自分が業界を変えるといわんばかりに活躍すると思うのです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です