• 生きる上での基本原則

    人は、生活していくためには働く必要があり、IT企業に勤める方においても、自分の生活のために汗水を流すくらいの気持ちで、日々の仕事を充実のあるものにしているのです。故に、働くことと生活をすることは、社会とのつながりを表していくための密接な関係性を感じさせていき、まさに、人が人であるための営みを形成していく上での重要となる要素なのです。

    そのため、働くことによって、自分が社会にしっかりと地に足をつけて生きているんだという確かな手応えを感じるわけであり、ひいてはプライベートの生活においても、張りが出てくるようになるのです。
    日々の生活を送る社会人ならば、常に前向きな気持ちを持って、社会に根付いていきたいと考えるものです。故に、生活をしている過程において、自ずと家族や地域住民、会社の人との関わり合いが発生していき、そのため、生きていることを実感していくのです。突き詰めて言えば、有意義な生活とは、いかに社会との間で充実した関係を構築できるかによって成されていくものなのです。

    ITの発展は、確実に私たちの生活に彩りを添えていき、故に、未来に向けての前進を約束させていくITに対して、一層の意識を傾けていくことは間違いがないのです。言い換えれば、ITがあることによって、私たちが生かされていると言っても過言ではないと感じられてくるのです。あたかもITは、私たちに生きる知恵を与えているかのように、語りかけているのかもしれません。

    IT時代が急速で進む中、中堅エンジニアとしてこのようなことを思う瞬間が最近増えてきた気がします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です